さよなら、千々石海水浴場

chijiwajya

近年、千々石の海岸の砂の流出が止まらないという話が漏れ伝わってきていました。その傾向が顕著で海底の石、根固めブロックが表出してしているそうです。とうとう今年は海水浴場としては営業しないことを雲仙市が決定しました。昔から白砂青松の海岸は日本随一の風景で、大好きだった場所でした。ジオサイトのひとつでもあり、今後もうまく観光資源として皆さんの記憶に残ってほしいですね。

空梅雨?

_MG_2699_JALAN_170615

6月半ばですが晴天が続いています、いわゆる空梅雨でしょうか?田植えに必要な雨が少なく、農業従事者の方はお困り課と思いますが、観光にはうってつけの行楽日和ですね。夕陽もきれいに出てきます。写真は足湯からの風景です、夕方は少し日も和らぎ過ごしやすいですね。

お客様のお尋ねの花、わかりましたよ。

IMG_1637_JALAN_170512

本日、お客様からの名前の分からない花のお尋ねがありました。近所の神社、せんぺいやさんの尋ねたところ、判明しました。ニオイバンマツリという花だそうす。白、紫のいろいろな花の色が同時に開花する珍しさもあって人気の花だそうですよ。

雲仙岳は霧氷で綺麗。

IMG_1284_JALAN_170210

比較的、冬でもさほど寒くない小浜温泉でも冷え込んだ一日でした。会議で雲仙に登ると篭立場(かごたてば)から上は雪景色、霧氷が綺麗でした。国道57号線は除雪が済んでおり、ノーマルタイヤでも雲仙温泉街までは難なく通行できました。明日は冷え込みが強いようです、スノータイヤが望ましいと思われます。みなさん、気をつけてお越しくださいね。

冬来たりなば…。

春陽館_0347_JALAN_170201

2月になり、今日は日差しも出てきてました。寒い冬も暦の上では数ヵ月で春になります。床の間のお軸も先取りで春めいたものにかけ替えました。「春遠からじ」と言いたいところですね。旅行シーズンはもうすぐそこまで。

小さな紳士は何を語る?

IMG_1233_JALAN_170117

昨日のことでした、フロントに韓国からの旅行でお泊りになっているご家族の子供さん、4歳くらいでしょうか?尋ねてきてくれました。一生懸命、意思表示をしているのですが、あいにくハングル語のため、理解できません。図に書いてもらおうと紙戸とペンとを渡すと、小さな字でハングルとある図形を書いてくれました。形から推測して『歯』の形に見えたのでハブラシが必要なのかと持っていってみると違うと首を横に振る。スタッフ4人がかりで解読しようとして数分後、日本語のわかる韓国のお客様が通訳してくれました。答えは『足袋』でした、子供用の足袋がほしかったそうです。
なるほど、形が「日本の足袋」にそっくりです。子供用の足袋はなかったのですが伸縮する大人用足袋を渡しました。ほおっこりとした気分になったスタッフ一同でした。